スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作 小野不由美 漫画 藤崎竜 『屍鬼』全11巻

Category : その他


タイトルだけは知っていました、ええ。
小野不由美氏のバリバリホラーとして有名タイトルですから。
電子書籍で漫画版がリリースされていたので、まずそちらから手にとってみました。

199X年猛暑の夏、人口1300人の山間部の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。
時を同じくして、住民不在だった古い洋館へ越してきた桐敷一家。
都会に強い憧れを持つ女子高生・清水恵は桐敷一家へ接触するが、直後行方不明となる―――
といったイントロ。

上記のイントロは本当にイントロに過ぎず、少人数で村民全員顔なじみと言った村で
次々と原因不明の死が続き、そして生者よりも“起き上がり”(=死者)が増えていく過程は
閉塞的な心理ホラーだったし、終盤の人間の大逆転劇はスプラッタホラーだった。
そういう意味では、一粒で二度美味しい系ホラーかと。

フジリューの作画で好き嫌いが真っ二つに分かれそうだし、
原作と漫画版でストーリー改変もあるので、そこでも好き嫌いが分かれそう。
ただ、漫画版しか知らない状態で読んだ管理人としては、予備知識に惑わされずがっつり世界観に没入できました。
今度原作も読んでみたいと思います。

他、雑感。
・終盤の屍鬼狩りは人間の集団心理が怖かったよ。この漫画の結論は「人間が一番怖い」じゃないか。
・屍鬼サイドの描写も多いから、簡単に割り切れないんだよな、これ……。
・屍鬼の悲劇なところは、極端な変貌ではなく、生前の記憶も思考回路も残っているところ。
・おそらく、読書にとって一番身近な屍鬼は徹ちゃんだ。友人知人を襲うのは嫌、でも飢えにも抗えないという究極のジレンマ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。