スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴亮介 『ミュージアム』全3巻

Category : コミックス
ミュージアム(1)ミュージアム(1)
(2014/04/04)
巴亮介

商品詳細を見る

ミュージアム(2) (ヤンマガKCスペシャル)ミュージアム(2) (ヤンマガKCスペシャル)
(2014/01/06)
巴 亮介

商品詳細を見る

ミュージアム(3)<完> (ヤンマガKCスペシャル)ミュージアム(3)<完> (ヤンマガKCスペシャル)
(2014/04/04)
巴 亮介

商品詳細を見る

ある日、犬に食い殺された女性の死体が発見される。
警視庁捜査一課の刑事・沢村にとって、この事件は悪夢の始まりだった―――といったイントロ。

紛うことなきサイコサスペンスです。
女性の他殺体(「ドッグフードの刑」)から連続して猟奇殺人の犠牲者が発見され、
沢村は刑事として関わるうち、やがて犯人に追いつめられる立場へと転落していきます。
全3巻で完結しますが、2巻、3巻巻末には別の読み切りが収録されているので、
話のボリュームとしては全2.5冊といったところ。
ただ、読み通すと、ちょっとボリューム不足なんですよね。
犯人の蛙男が登場してから終わるまでがあっという間というか、イントロが大いに盛り上がるだけに、収束が尻つぼみのように感じてしまうのが残念。
何故犯人が沢村で有終の美を飾りたがったのかとか、犯人の背景とかもっと掘り下げられるポイントがあったはず。
もう少しページを追加して、その辺りを補完してくれたら完璧だったなぁ、と。

映画『セブン』とか『ソウ』が好きな人はツボにはまるタイトルです。
全3巻と巻数もそれほど多くないので、手を出しやすいかと思います。

他、雑感。
・リンチのバリエーションが豊富。でも「針千本の刑」で、「それ画鋲や……」と突っ込んでしまった。
・2巻のハンバーガーは、多分読者全員がガクブルしたよね。
・3巻で、ハンバーガーの元はあのお医者さんかと勘ぐったら、これまた違った。
・終わりがもやっとするけど、あれはあれでアリだと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。