スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guild Pleasure 『IN THESE WORDS』2巻

Category : コミックス
【Amazon.co.jp限定】In These Words 2 小冊子付初回限定版/描き下ろしペーパー付 (ビーボーイコミックスデラックス)【Amazon.co.jp限定】In These Words 2 小冊子付初回限定版/描き下ろしペーパー付 (ビーボーイコミックスデラックス)
(2014/05/01)
Guilt|Pleasure

商品詳細を見る

気付いたら2巻出ていたという。
話の流れから続巻があるだろうとは思った1巻でしたが、本当に2巻が出て驚いたり。

精神科医・浅野はプロファイリングに臨んだはずだったが、殺人鬼・篠原の方が一枚上手だった。
窮地に陥った浅野の目の前で、また一人警官が殺される。
そして監禁部屋を脱出した篠原が浅野を連れて行った先は廃屋だった―――といったイントロ。

多分、読んだ人のほぼ全員が、中盤で「う、え、おおおおおっ!?」となったはず。
1巻のコメントで「突っ込みどころがある」と書きましたが、この展開なら逆になるほど納得でした。
そして、後半で浅野先生の過去話になりますが。
あら、ここにきてBL漫画になったよ。
(まあ、二人とも“boy”って年齢でないことに変わりはありませんが。)

相変わらずのド級の画力でがっつり濡れ場が展開するため、BLジャンルが苦手な人には勧められないけれど、ミステリーとして俄然求心力を増したストーリーに「ああ、サスペンスやミステリー好きにお勧めしたい」と突き動かされます……。ジレンマ。

他、雑感(ネタバレあり)。
・浅野先生もなかなかだけど、篠原の演技力が半端ないな、おい。
・あそこまでされて「はい、ドッキリでしたー」って言われたら、そら浅野先生も殴るわ。
・でも「アンタの仕込みだった」と告げられて、浅野先生さらに混乱。
・以前の浅野先生の小悪魔っぷりがすごいです。
・初回特典の小冊子でも、浅野先生が小悪魔っぷりを発揮しております。あの彼とは日本帰国で終わってしまったのだろうか……。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。