スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Operetta due 『越えざるは紅い花』

Category : ゲーム
越えざるは紅い花 通常版越えざるは紅い花 通常版
(2012/09/28)
Windows

商品詳細を見る

これは18禁PCゲーなので、18歳未満の方はスルーでお願いします。

リリースの頃からタイトルだけは知っていたものの、キャラデザが今一つ気に入らずスルーしておりました。
コンシューマー機へ移植があると知り、「そういえばこのタイトルあったなー」と思い出してPC版に特攻した次第。

不治の病『腐死』――女性の罹患率が圧倒的に高い病のため、女性の数が激減した大陸での物語。
北方の国“ナスラ”は病のために減少した女性を補うため、他国へ侵攻し女性を奪っていた。
そんな侵攻で南国“ルス”より浚われた少女ナァラ。
自身の母もナスラに略奪された過去を持つナァラは、拉致された先で何とか女たちを護ろうとするが―――といったイントロ。

攻略対象は公式で6名。隠し扱いが1名います。
物語紹介にも書いた通り、女性激減を補うために女性を略奪するなど、女性軽視系のイントロになりますので、そういうのが嫌いな方は物語全般が受け付けられない可能性アリです。
(攻略キャラは主人公を大事に扱うし、ナスラの方針に反発しているキャラもいるので、ルートに入ってしまえば気にならないとは思いますが。)
また、気が強く、王妹という立場からも同国の女を護ろうと必死になる主人公はキャラが確立していますから、主人公=プレイヤーというユーザーは没入できないかもしれません。

一方、シナリオは丁寧に展開しますから、主人公の心の変化などは自然ですし、各キャラとのストーリー展開も馴染みやすいため、プレイは快適です。
・ファンタジー世界
・主人公がしっかりものの努力家
・シリアスシナリオ
こういった要素が好きな方には、及第点ゲームだと思います。

他、雑感。ネタバレあり。
・GoodEDは18禁シーン削っても筋が通るシナリオなので、コンシューマー機への移植はすんなりいくだろうな、という感触。
・一方BadEDはほとんどのキャラが病み、がっつり18禁描写が入るので、この辺りどうアレンジするのかなぁ、と。
・シナリオはいいんだ、シナリオは。問題はスチルです……。
・あまり絵が上手くないだけでなく、骨格が人としておかしなことになってるスチルまであって、気分ダウンがどうしても止められなかったです。
・壮年以上の年齢のキャラ描くのも慣れてない感じですね。少年とかはこなれてるんですが。
・このゲームの印象を一言で述べると「文鎮」に集約しますなー……。
・トーヤの過去の経緯から、スレンルートでは幼少時代からの三人の確執などが描かれるのかと思ったら、そんなことは全くなかった。
・好みの展開ではなかったけど、実はナランルートが一番ドラマチックな気がします。
・セフのBadEDのあっさり具合といったら。
・一人子供を産んだら強制的に別の男へ嫁がされるという法律、これ出生率下げるばかりだと思うんですけど……(むしろ多産夫婦には報奨金を出しなされ)。なんか世界観設定がイマイチ甘く感じられる箇所がちらほら。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。