スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森薫 『乙嫁語り』6巻

Category : コミックス
乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス)
(2014/01/14)
森 薫

商品詳細を見る

アミルとカルルク夫妻に話がフォーカスされ、スミスさんはいっこも登場せず。
彼、主人公ちゃうんかい……。

アミルの実家が経済的窮地に立たされ、解決策としてカルルクたちの住む街の襲撃奪取を目論む。
アゼルは遠縁一族に襲撃の助力を請う父親へ反発するが、家長の決定は絶対で襲撃実行を止めることができなかった。
妹夫婦への思い、一族への思いに板挟みとなったアゼルは―――といったイントロ。

平穏なカルルク一家の日常を描いていた今までと一遍して、一気にきな臭いエピソードとなった6巻。
視野の広いアゼルにとって、父親の選択は一族の寿命を縮めるだけとわかっていても、忠言は全て却下される状況。
一方アミルも親族の暴挙に心を痛めながら、カルルクの妻として父へ刃を向ける。
どうしようもない状況であがく若手たちが切ない一巻でした。

ネームでのみ語られてきたロシアの影が、ここにきてブワッと浮き上がりましたな。
そして一番カッコいいところを、またばあちゃんが持っていった……。

そんでもって。
この巻の絵としての見どころは、ひたすら馬ではないかと思った6巻でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。