スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船戸明里 『アンダーザローズ』8巻

Category : コミックス
Under the Rose (8) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)Under the Rose (8) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)
(2013/12/24)
船戸 明里

商品詳細を見る

アーサー・ロウランドの青年期の回想が全ての第8巻でした。

もう、これ、が、ね……(息も絶え絶え)。
アンナとアーサーという壊滅している夫婦は、新婚の頃から既にボタン掛け違えまくっていた。
というか、ボタンとボタンホールがそもそも揃っていなかったことが判明する内容でした。
もう「あちゃー」という一言で集約される過去編というより他なし。

それにしても、ロウランド家の正嫡出は上二人だけとか、どんだけですか。
グレゴリーが実子ではないという告白で引いた7巻でしたが、グレゴリー以外にも血を引かない子がいたし、ライナスのことも委細承知とか……。
1巻を読んだ時は、人当りがいいのに子供が異母兄弟だらけで「この父親不気味……」と思ったものですけれど、過去を知ればあの人格形成は当然の結果だったという。

でも、これはあくまでアーサー視点のエピソードですからねぇ……。
夫婦の言い分は双方から話を聞かないとわからないしな……。
おこづかい3000ギニーの行方とか、兄を嫌悪する言動とか、アンナにはアーサーに相談していない実家問題があるはず。
この伏線が今度どう展開されるのか気になっております。

でもって、9巻出るのいつなんですかね……(遠い目)。

他、雑感。
・アーサーは虚構を演じる決意をして、役者も揃えてしまったけれど、その協力者に長男・次男が半強制的に巻き込まれてる辺りが不憫だよなぁ……。
・グレースとは親友という言葉に納得。
・弱ってる先生にすかさず漬け込むアルバート、さすがやでぇ。
・アンナさんはなんでああいう性格になったし。生来のものかもしれないけれど、それにしてもチタン合金みたいに頑なだよな。
・モルゴースおば様が鬼女から天女にクラスチェンジなさった……。
・アンナはモルゴースのあのセリフを耳にしなければ不義を働くこともなかったんだろうな、と。恋人が欲しいわけじゃなく、子供を産まなきゃいけない義務感が暴発した結果というか。
・おまけまんがのウィリアム君が一服の清涼剤でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。