スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱戸アオ 『ネメシスの杖』

Category : コミックス
ネメシスの杖 (アフタヌーンKC)ネメシスの杖 (アフタヌーンKC)
(2013/09/20)
朱戸 アオ

商品詳細を見る

まったくノーマークだった一冊。
どこかの通販サイトでお勧めされて知ったタイトルでした。
レビュー評価が高かったため、知らない作家さんでしたがポチっとなした次第。

厚労省患者安全委員会(旧医療事故調)所属の阿里は、ある日もたらされた匿名の密告をもとに、感染症「シャーガス病」を秘匿しているとされる病院の調査を始める。
厚労省内部で圧力がかかる中、外部の寄生虫研究者・紐倉の協力を得ながら調査を続行する内、阿里は16年前の食害事件に行き着く―――といったイントロ。

いや、このタイトルはレビューを信じてよかった!
イントロでは「これは医療ミスがテーマなのかな?」と思いましたが、もっといろんな要素が絡み合った物語でした。
むしろ、これだけの要素を絶妙なバランスで料理したな、と感服です。

2時間枠のサスペンスドラマみたいな展開です。
リアルな骨子の上に、熱い人間ドラマや社会ドラマを盛り込んだ濃厚な一冊。
ナンバリングがついていませんが、是非阿里&紐倉コンビで続編をリリースしてほしいタイトルでした。
「医療」「厚労省」「バイオテロ」などの単語に反応してしまうミステリー好きにお勧めです。

他、雑感。
・これ、このまま脚本に書き直せばアレンジなしで2時間ドラマにできますね。
・ドラマにするなら、紐倉は松田龍平にやって頂きたい。
・シャーガス病って感染症をこのタイトルで初めて知りました……。
・阿里が「冷たい人だ」と言われるシーンがあったけど、冷たいとはちょっと違うかな。人の可能性について過小評価しているかもしれないが、ミスをする生き物である以上、システムでそれをカバーしたいという理想は理解できます。
・まあ、そういったシステムを構築できたとしても、ある程度の頻度でメンテナンスしないと機能不全起こすとも思いますけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。