スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daysy2 『三国恋戦記~オトメの兵法~ 思いでがえし』

Category : ゲーム
三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 思いでがえし 通常版三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 思いでがえし 通常版
(2013/06/06)
Windows

商品詳細を見る

マルチプラットホーム展開している乙女ゲー『三国恋戦記』のファンディスクです。
PSP移植に際して追加されたエピソードの後日譚や、ミニゲームを収録した盛り合わせパックになっています。

本当はPSPかPSVitaへ移植されるのを待つつもりだったんですが、ミニゲームやタイピングゲームが収録されているため、コンシューマー機移植には相当時間かかるかも……とPC版を購入。
うん、やってみて満足です。
後日譚などもうちょっとボリュームが欲しかったものの、ファンディスクの許容範囲と納得。
本編の男性視点などもあるので、小皿がちょこちょこ出てきて最終的にお腹がくちくなる感じに似ています。

むしろそれほど期待していなかったミニゲーム「さめがめ恋戦記」が面白かった。
いわゆるブロック消しゲーですが、頭使いますね、これ。
もう一回もう一回とリトライするうちにじわじわ時間を使っているという、まさに時間泥棒ゲー。

『三国恋戦記』が好きな方は、ためらわず手を出してOKな一本だと思います。

他、雑感。
・本編はまったき健全ジャンルでしたが、今回は仄かに匂わせる描写がー。
・そういう意味で、タイトルから直球勝負だったのが仲謀ですね。テンパり過ぎた発散方法が徹夜で仕事って、どんだけ根が真面目なのかという。
・一方、相変わらずの行動力と独断で我が道を邁進する孟徳。
・よもや鳥籠EDの後日譚をオフィシャルで拝めるとは。
・文若のバッドED後日譚は本気で心をえぐりに来た。まったく油断ならねぇ。
・怜悧な頭脳派武人だったはずの公瑾が、完全にネタキャラに昇格している。リミットを超えると変な方向に逆噴射するのね……。花、こんな男についてって大丈夫だろうかと思わなくもない。
・コンテンツとして残念だったのが『三国漫遊記』。選択キャラクターによって変化があるのが一部科白のみなので、周回するのが完全に作業と化しました。これクリアしないと開かないコンテンツがあるから無視できなかった……。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。