スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作 小野不由美 漫画 いなだ詩穂 『悪夢の棲む家』1巻

Category : その他
悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (悪夢の棲む家 ゴーストハント (1))悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (悪夢の棲む家 ゴーストハント (1))
(2013/06/07)
いなだ 詩穂

商品詳細を見る

コミカライズ版『ゴーストハント』が綺麗に完結したので、正直『悪夢の棲む家』のコミカライズは諦めてました。
ら。
Amazonの新刊案内にこのタイトルが!
タイトル見つけた時に「ええええっ!?」と素で声が出ました。それくらい嬉しかったよ。

阿川母娘は念願のマイホームを手に入れた。
しかし住み始めると次々と怪現象が起こった。
立ち込める異臭、真っ赤に染まる水、電話のノイズ……。
窓という窓に鏡がはめ込まれたこの家に耐えられなくなった阿川翠は、縁者である広田とともにSPRを訪れた―――といったイントロ。

原作読了済みの立場ながら、いなださんのコミカライズは安定している上に、怖いシーンは怖いので安心して読めて本当に親切設計。
科学的に説明できる怪異とその原因は解決されたこの流れでいくと、全2巻完結でしょうか……。
哀しいことに原作がこの『悪夢の棲む家』以降刊行されてないので、むしろ資産を食い尽くしてしまう悲しみが先に立ちます……。

これから山場!ってところで「待て次巻」となったわけですが、次巻出るの来年の夏ですって。
もう待ち遠しくて干からびそうなので、今度原作読み返したいと思います。

他、雑感。
・私は年相応のナルデザインが好きなので現状OKなんですが、大人っぽいルックス好きなファンは残念に思うかもしれない……。
・思わず笑いそうになったのを咳き込んで誤魔化す安原少年に笑った。
・もしかして、いなださんは村田蓮爾好きなんじゃないか……と、ふと思った。
・これは同人誌で発表された短編もコミカライズしてほしい勢いです。
・正直、かつて小野不由美氏が「続きは書かない」と決断された一件より大分年月が経過したので、『ゴーストハント』シリーズを再開していただけないものだろうか……。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

リュウdiary

Author:リュウdiary
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
グリムス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。